仲介手数料無料化計画1 仲介手数料無料マイホーム大作戦!!

物件購入費以外の諸経費

仲介手数料無料化計画1

マイホームを購入する際にはマイホームの購入費用以外にも様々な諸経費が発生してきます。元々の物件価格が数千万単位の大きな金額なので、価格に対する割合で徴収される諸費用はどれも馬鹿にならない費用という事になります。大体諸経費として物件販売価格の1割程度は用意しておく必要があると言われています。

つまり3000万円の物件を購入しようと思ったら、諸経費代で300万円です。諸経費には登記代や登記手続きを代行してくれる行政書士への報酬、税金、各種手数料、保険料、引っ越し代等が盛り込まれています。各種手数料には銀行が融資実行の際に徴収する手数料の他に不動産会社に支払う仲介手数料が含まれています。さて、これだけ見ていたら諸経費の中で圧縮出来そうなのは引っ越し代と保険料、登記は自分で出来るという人の場合は行政書士への報酬ぐらいでしょうか。

保険料はケチると補償の範囲が狭まり、保険料の支払いまで時間がかかってしまうなどの懸念もあるので、普通は支払い実績の良い保険会社の住宅総合保険に加入するのが無難ですし、登記手続きを自分でやって、書類不備で何度も再提出をしていてはいつまでたっても物件の登記が出来ない事になってしまい、却ってコスト的にはマイナスですので、ここも通常であれば行政書士にお願いする方が無難でしょう。

そうすると各種手数料の中から圧縮出来るものを探す必要があります。銀行の手数料は元々設定されているものなので、これを圧縮するには手数料の安い銀行を選び直す必要があります。住宅ローン比較サイトなどで各銀行のクチコミ情報と表面金利の他にも手数料や保険料を含めた実質金利で比較しているサイトがあるので、参考にされると良いと思います。

スポンサードリンク

マイホーム購入作戦

自分にピッタリの物件は?

不動産会社の選び方

物件購入費以外の諸経費

仲介手数料を無料にするには