仲介手数料無料化計画2 仲介手数料無料マイホーム大作戦!!

物件購入費以外の諸経費

仲介手数料無料化計画2

マイホームを購入する時には物件購入費以外にも様々な諸経費がかかると言う事、また諸経費は物件購入価格の約1割程度を必要とする事をこれまでに述べてきました。その中でコストを圧縮するのに効果的なのは各種手数料です。金融機関に払う手数料は金融機関を選ぶ事でコストの圧縮をはかる事が出来ます。ここまでを前章では説明してきました。

この章では不動産会社に支払うコストである仲介手数料を無料にするにはどうすれば良いかを説明していきます。まず一番確実なのが不動産会社のデベロッパー物件を購入する事です。デベロッパー物件とは不動産会社が企画、施工、販売する自社物件です。これは仲介物件では無く、直販物件なので仲介手数料がそもそも存在しない事になります。

仲介物件は中古物件などの様に売り主が別にいる物件を購入する時に発生します。3000万円の物件を購入する場合には最大で96万円の仲介手数料が発生するので、これだけを圧縮出来るとしても新築のデベロッパー物件を考慮してみる価値はあるでしょう。また最近では仲介物件でも買主からの仲介手数料は取らない不動産会社が増えてきています。じつは仲介手数料とは売り主と買主の両方から取ると言うのがこれまでの不動産会社の通例だったのです。

これを業界用語で両手と言います。ところが物件探しをインターネットで簡単に行える様になった現代では、実店舗を持たないネット専門の仲介専業不動産業者も出てきました。こうした業者は事務所維持費などのコストがかからないために経費削減が可能となり、売り主から仲介手数料を徴収すれば運営して行けるので、差別化として買主からは手数料を取らなくなったのです。

こうした不動産会社に倣い、様々な不動産会社が買主からの仲介手数料を取らずに仲介するという業者が次第に増えてきたのです。検索サイトで不動産、仲介手数料ゼロというキーワードで検索すると相当数のサイトがヒットします。一度ご覧になると良いでしょう。

スポンサードリンク

マイホーム購入作戦

自分にピッタリの物件は?

不動産会社の選び方

物件購入費以外の諸経費

仲介手数料を無料にするには