登記費用 仲介手数料無料マイホーム大作戦!!

物件購入費以外の諸経費

登記費用

物件の購入を決めて、売買契約を結び、融資実行したら次に行うのが所有した物件の登記です。登記とは税務署の登記簿にその物件の所在を登録記載する事でその物件が誰の物かを明確にするための作業で、固定資産税や相続税、不動産取得税などはこの登記情報を元に算出されているので、非常に大切な作業となります。

物件登記は自分でも行えますが、書類の不備があれば何度も突き返されてしまい登記が進まない事になってしまいます。そこで司法書士に依頼して行う事が多いのですが、司法書士にお願いした場合は当然報酬が発生します。司法書士によって値段はバラバラですが、大体10万円前後が相場のようです。

司法書士は銀行や不動産会社でも紹介してくれますが、そこに任せきりにしてしまうとコスト面が不透明になってしまうので、紹介してくれる司法書士の報酬がいくら必要なのかをしっかりと確認しておきましょう。もし知り合いに司法書士が居て相談に乗ってくれるなら相談してみると良いでしょう。ネット等で報酬の安い司法書士を探して依頼するのも可能です。

登記費用の中で圧縮可能なのはこの司法書士への報酬です。このようにマイホームを持つ時には物件購入費に加え様々な費用がかかる事になります。これはマイホーム購入を決断した時には考えてもいないようなコストですね。

税金関係のコストは圧縮する事が出来ませんが、仲介手数料なら無料にする事も可能ですし、何より金額の大きな部分なので圧縮効果も抜群に高いですから、必要な諸経費の事もしっかりと頭に入れて物件選びを行いましょう。ちなみに税金関係の場合中古物件よりも新築物件の方が有利に働く事がありますので、物件価格に合わせて税率も考えてみると良いでしょう。

スポンサードリンク

マイホーム購入作戦

自分にピッタリの物件は?

不動産会社の選び方

物件購入費以外の諸経費

仲介手数料を無料にするには