不動産会社の役割 仲介手数料無料マイホーム大作戦!!

不動産会社の選び方

不動産会社の役割

不動産会社の主な業務は不動産の売買業務、賃貸業務、管理業務、交換業務です。不動産会社が自社の不動産を直接開発して分譲を行う事をデベロッパーと呼んでいます。それ以外には上記の業務を代行または仲介する仕事も不動産会社の業務です。

仲介物件を販売する場合には仲介手数料を取る事ができますが、最近ではこの仲介手数料を無料にしている不動産会社も登場しています。このように不動産業者が行う業務は非常に幅広く、全体を一元的にかつ明確に定義する法律はありません。

しかし、不動産会社に最も影響力を持つ法律の一つに宅地建物取引業法があります。不動産業の主な業務の定義はこの法律によって規制されています。つまり不動産業を営むには免許が必要という事になります。これを通称宅建免許と呼んでいます。

ただしこの法律では不動産賃貸業や不動産管理業のみを専門に行う会社については宅地見物取引業者とは見なしていません。ただし、分譲マンションの管理に関しては、2000年に施工されたマンション管理の適正化の推進に関する法律によって規制されています。したがって不動産管理業専門で分譲マンション管理を行っていればマンション管理の適正化の推進に関する法律の適用を受ける事になります。

という事はつまり賃貸マンションや商業ビル、オフィスビルなどの管理が専門の業者の場合は規制の対象からは外れていると言う事になります。したがって不動産取引で信頼できる不動産会社を判断する一つの目安としては宅建免許を取得しているかどうかを確認する必要があります。宅建免許には国土交通省が認可するものと都道府県知事が認可するものとがあります。

どちらの方が法的に強いか弱いかというのはありませんが、個人で経営する不動産会社の場合は都道府県知事、全国展開しているような大手の不動産会社の場合は国土交通省が認可する免許を掲げて営業しているケースが多い様です。

スポンサードリンク

マイホーム購入作戦

自分にピッタリの物件は?

不動産会社の選び方

物件購入費以外の諸経費

仲介手数料を無料にするには