宅建免許とは? 仲介手数料無料マイホーム大作戦!!

不動産会社の選び方

宅建免許とは?

宅建免許とは不動産会社を営む時に必要な免許の事です。これは宅地建物取引業法によって規制されています。選んだ不動産会社が免許を取得しているかどうかはその不動産会社が掲出している販売広告の社名欄の下あたりを見れば確認出来ます。また事務所に行けば見える所に表示されているので、まずは不動産会社に入ったらこれを確認するようにしましょう。

さらに現地販売をしている仮の事務所などでは免許標識の他に「この場所において取り交わされた契約等については、宅地建物取引業法37条の2の規定によりクーリング・オフの制度が適用されます」という文言を表示しなければならない事になっています。分譲現場に行って物件を内見する際にはこれらの表示がきちんと行われているかどうかをもれなく確認しましょう。

万一守られていないならその不動産会社は信用に値しないと言う事になります。ただし、都市基盤整備公団や特定の地方自治体の住宅供給公社などの公的機関の場合は国土交通省が直轄しているのでこれらの免許が不要となります。宅建免許には国土交通大臣免許と都道府県知事免許の2種類があります。免許の法的な力の違いはほとんどありません。

1つの都道府県内で営業している不動産会社の場合には都道府県知事免許を与え、複数の都道府県にまたがって営業している不動産会社には国土交通大臣免許が与えられているという違いだけです。しかしインターネットなどで営業活動をする場合、県外からの問合せにも対応出来るので、確認さえ出来ればどちらの免許でも問題ありません。

スポンサードリンク

マイホーム購入作戦

自分にピッタリの物件は?

不動産会社の選び方

物件購入費以外の諸経費

仲介手数料を無料にするには