仲介手数料のからくり 仲介手数料無料マイホーム大作戦!!

仲介手数料を無料にするには

仲介手数料のからくり

中古住宅などの仲介物件の斡旋を専門に行っている不動産業者の場合、収入は仲介手数料という事になります。こういう業者に仲介手数料の事を質問してみると「仲介手数料は全国一律で物件価格の3%に6万円プラス消費税となっています」という返事が返ってくるはずです。これは一般の消費者にとっては非常に誤解しやすい表現なんです。

厳密に言えば間違った回答であると言えます。この手数料を求める式は宅建業法で規制されている上限を出すもので、法的には「この金額までなら請求してもかまいませんよ」という数字です。したがって、必ず物件価格×3%+6万円+消費税を徴収しなければならないものではありません。仲介手数料は売り主と買主が両方支払うというのも不動産業界の一つの常識となっています。

したがって長年不動産業に携わっていた人ほど仲介手数料は両手(売り主と買主両方に請求するもの)という事に疑いを持っていないものなのです。インターネットがこれほど普及する以前なら、一件の不動産を販売する為に購入意欲をそそる様なチラシやパンフレットを作成し、何万部も印刷して新聞の織り込みチラシにしたり、街頭配布などをおこなって宣伝しなければなりませんでした。

また優良な仲介物件を確保する為に多くの営業マンを雇って物件を探さなければならないし、パンフレットやチラシの配布にはアルバイトを雇わなければならず、人件費と宣伝広告費がコストに占める割合は非常に大きい物でした。

ところが消費者がインターネットで情報検索するようになったので宣伝広告費や人件費を大幅に圧縮する事が出来るようになり、仲介手数料を無料もしくは割り引く事で他の不動産業者との差別化を図るインターネットメインの不動産業者が登場してきたのです。

スポンサードリンク

マイホーム購入作戦

自分にピッタリの物件は?

不動産会社の選び方

物件購入費以外の諸経費

仲介手数料を無料にするには