住宅ローンの返済可能額を知る 仲介手数料無料マイホーム大作戦!!

マイホーム購入作戦

住宅ローンの返済可能額を知る

さてさて、頭金のめどがたち、予備費もどうにか工面出来そう。次の段階は具体的な住宅ローンの返済計画を考える事です。ローンの返済は無理なく返せる範囲で考える事が大切です。一般的にいわれているのは税込み年収の25%以内に住宅ローンの返済額を納める事が出来れば無理の無い返済が可能とされています。

もし、あなたの税込み年収が400万円程度なら年間の返済額は100万円以内が妥当と言う事になります。しかしこれはあくまでも目安です。自分達にあった無理の無い返済計画を考える時には、まず最初に住宅を購入する事で今支払っている支出の中で不要になるものと新たに発生する支出を出してみると良いでしょう。

具体的に言うと、もしあなたが今賃貸住宅に住んでいるとしたなら、住宅を購入すれば月々の支払っている家賃が不要となります。また、頭金や予備費を蓄えておく為の定期預金もとりあえず目標達成と言う事で不要になりますね。そしてマイカーを持っているなら、購入する住宅に駐車場があれば今借りている駐車場の賃料も不要になります。

そしてこれらの分を住宅ローンの返済に振替る事が出来ます。逆に住宅を購入する事で新たに発生する支出とは固定資産税や火災保険の掛け金です。火災保険の場合は賃貸住宅だと家財に掛けられているものの負担だけのはずです。持ち家の場合には建物に掛ける火災保険にも加入する事になると思いますので、その分保険の掛け金も増える事になります。

また場所によっては職場や学校までの交通費が増えることもあるでしょう。マンションの場合では管理費や修繕積み立て費が発生してきます。(一般的に部屋が広くなると管理費や修繕積み立て費も高額になります)。

これらのプラスマイナスをチェックする事で返済可能額を計算してみましょう。また仲介手数料は物件価格×3%+6万円で計算されます。新築のデベロッパー物件を購入すると仲介定数料は無料になります。新築か中古かを迷った時はこの仲介手数料も考慮に入れて考えましょう。

スポンサードリンク

マイホーム購入作戦

自分にピッタリの物件は?

不動産会社の選び方

物件購入費以外の諸経費

仲介手数料を無料にするには