資金不足?どうする! 仲介手数料無料マイホーム大作戦!!

マイホーム購入作戦

資金不足?どうする!

さて、どうしても物件購入の20%分に相当する頭金のめどが立たない!と焦りの色を浮かべている人もいるのではないでしょうか?もちろん頭金は多めに用意できるならしておいた方が無難です。しかし、子供の教育費に学資保険、家族の健康保険などを考えるととてもとても。。。

それが厳しい現状だと言う人も少なくないでしょう。この章ではそんな人達に向けた自己資金が不足していてもマイホームが持てる!かもしれない方法をご紹介します。ただし、自己資金が不足していると言う事はその後の支払いのボリュームが増え、将来的な負担が増すということは十分予想されますので返済計画を綿密に建てる事と生活の質を変えなければならないかもしれないと言うことを覚悟できれば、の話しです。まずは提携ローンを利用する事を考えてみましょう。

提携ローンとは物件の分譲会社と金融機関が提携して自社の販売物件に住宅ローンをつけるというシステムです。一般の住宅ローンに比べ、物件価格の95?100%を融資してくれるケースがあります。しかしこの場合、抵当権は融資を行ってくれた金融機関と業者分設定されるので注意しましょう。次に優遇ローンを利用する事を考えてみましょう。

これは民間の金融機関で一定の条件を満たす人対象に提供されるローンです。例えば自己資金不足の人向けの無担保ローンや定年退職を間近に迎えた人向けの退職金一括払いローン等です。また親子数世代でローンを返済させる超長期ローンなどもあります。

しかし無担保ローンは月々の返済額が大きくなりますし、退職金一括払いローンは老後の備えの大部分を住宅ローンで失う事になります。このように優遇ローンは融資条件は緩くなっても支払いが厳しくなるので注意しましょう。勤務先に社内融資の類いがある場合は利用するのも良いかもしれません。

通常社内融資などは担保を取らないので抵当権は勤務先の会社にはつきませんし、金融機関から見ると自己資金の扱いとなるからです。しかし、勤務先への返済は残ります。住宅購入の際には物件購入費以外の諸経費がかかる事も忘れていは行けません。出来るだけ融資額を低く抑えたいなら仲介手数料を無料に出来る不動産会社を選びましょう。

スポンサードリンク

マイホーム購入作戦

自分にピッタリの物件は?

不動産会社の選び方

物件購入費以外の諸経費

仲介手数料を無料にするには