新築か中古か、それが問題だ 仲介手数料無料マイホーム大作戦!!

自分にピッタリの物件は?

新築か中古か、それが問題だ

マイホームを選ぶ時に新築するべきか中古にするべきか、悩ましい所ですね。まだ誰も入居していない新築の方が気持ちが良い、そう思うのも無理はありません。新築物件の方が設備や工法は最新の物が導入されていて、プランの面でも中古住宅よりも進んでいると思われます。

しかし古さを全く感じない中古物件もありますし、古民家をリフォームして快適に住んでいる人も居ます。単に築年数だけで判断できないのが不動産選びの面白い所かもしれません。中古物件最大の利点は売り出されている地域が広範囲になる事です。

新築の場合はデベロッパーが事業として行うので、ある程度の規模のある敷地でないと事業としては採算が取りにくいため、住宅として供給される地域が限定されてしまいます。また良い土地には既に住宅が建っているため、生活の便が良いのも中古住宅の方が探し易いと言えます。

また物件選びに際しても、中古住宅は実物をみて決める事が出来ますが、新築の場合は完成前に販売される青田売りが殆どですので、購入時に実物を見て決める事が出来ません。それに中古の方が物件の値段が割安というのがあります。浮いた予算をリフォームに回せば理想的な生活を手に入れられるかもしれませんね。

ただし、税金などの諸経費は中古の方が高く付く事があるので注意が必要です。仲介手数料などがそうですね。新築物件の場合は業者が自社物件を売る場合が多いので仲介手数料が無料となる可能性が高いのです。また税制面でも新築だと優遇される事があります。物件の値段だけで決めてしまっては住宅ローン実行の時にこんなハズじゃなかったのにと言う事になりかねないのです。

スポンサードリンク

マイホーム購入作戦

自分にピッタリの物件は?

不動産会社の選び方

物件購入費以外の諸経費

仲介手数料を無料にするには